はじめに

f:id:Auaua:20170227173733j:plain

米よりもうどんを主食のように食べていました。

麺が隠れるくらい天かすをぶっこんで、煮て、汁がドゥルドゥルになったところに七味をふって食べるのが大好き。

スーパーで売ってる袋入りの天かすの半分くらいを一気に入れちゃうんです。

 

「うどん」は消化もいいし、もし夜中に食べちゃっても罪悪感少なくてすむ気がします、米よりも。

 

でもね、気を付けて。このドゥルドゥルギトギトうどん、最高においしいけどスーパー高カロリー。

油&水&炭水化物だもの。

 

そう、わたくし、自分の記憶がある限り、細かったことがない。

でもね、この度痩せようと決心しました。

2回目の人生最大体重を目の当たりにして、決心したんです。

 

 

幼稚園はぷっくり、小学生の頃に本格的に肥満界の門戸をたたき、中学生で正式に入門。

 

高校生のときは生来のまじめさが爆発し着々とデブランクをあげ、人生最大体重90キロをマークしました。

※ちなみに身長は164センチ。

 

大学に入学し、ノリではいったバレーボールサークルと、あまりにも放置しすぎた虫歯、ケチケチとしたひとり暮らしのせいか、ダイエットをしたわけでも無いのに3か月で20キロほど痩せ、大学時代はこの痩せた状態(言ってもデブ)を継続するのです。

 

社会人1年目は多忙とストレスで体重を維持(むしろなぜ減らなかった?!)、慣れはじめた2年目から再びデブの階段を1段抜かしで駆けのぼり、約9年後に再び人生最大体重タイに。

 

この時期あたりから体調がすこぶる悪くなりました。

月一のじんましん、隔月で風邪をひき、毎月耳鼻咽喉系のどこかに不調が噴き出る。

これはいかんとプールでウォーキングを始めるも、生理不順とえぐいほどの腰痛に襲われる。

 

減らない体重と謎の体調不調に恐れをなし、会社の健康診断には2年連続で行っていません。

私はいま自分の体重を知らない。 

分かっているのはこのままではまずいという事だけ。 

広告を非表示にする